« 2023年2月 | トップページ | 2023年5月 »

2023年4月

[Excel] 行と列を入れ替える方法

環境:Excel2019

以下の2つがある。

方法1:関数を使わず、行列を入れ替えてコピペ
1)コピー対象を[コピー]
2)[貼り付け]→[行列を入れ替える]

方法2:トランスポーズ関数を使う
1)貼り付け先のセル範囲を選択
2)先頭セルに、=TRANSPOSE(コピー元セル範囲) と入力
  例:=TRANSPOSE(A1:B4) 
3)[Ctrl]+[Shift]+[Enter]

備考:
(1)上記の方法2では、数式バーには {=TRANSPOSE(A1:B4)} と表示され、配列数式となっている。
(2)この方法によれば、コピー元のデータが変わった場合にも自動的に変換されて便利。

追記(2023/7/10;2024/2/3 )
上記の方法2の1)が分かりにくいので、詳細を下記する。
(1)貼り付け先のセル範囲を選択する(ここにTRANSPOSE関数が入る)
(2)この状態で(すなわち、改めてセルの選択をせずに)、「=TRANSPOSE( 」と入力
(3)コピー元のセル範囲を選択
(4)「)」を入力
(5)セルが例えば「=TRANSPOSE(A1:B4)」となっている状態で、[Ctrl]+[Shift]+[Enter]

[参考記事]
http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/excel-a90d.html
[Excel] 行列を入れ替えてセル参照する方法

| | | コメント (0)

[Excel] 最も簡単にマクロのサブプロシージャを作る方法

環境:Excel2019

目的:マクロの数値計算プログラムで、繰り返し部分をサブプロシージャにしたい

方法:
1)メイン部分(およびサブ部分)で使用する変数を、Option Explicitとして(先頭で)変数宣言する。

2)サブプロシージャを次の形式で作成する。
  Sub A()
  ・・・
     End Sub

3)メインで次の形式でサブプロシージャを呼ぶ。
  Call A

備考:
(a) 上記1)のように変数宣言すると、モジュール変数などと呼ばれる「共通変数」になるので、添え字で渡す必要はない。
(b) 複数個所から変数を変えてcallする場合に、添え字で渡す必要がある。

| | | コメント (0)

« 2023年2月 | トップページ | 2023年5月 »