« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

[Windows10] MS-IMEやATOKの言語バーを表示する方法

背景:Windows10 のデフォルト設定では、タスクバーの中に言語の「アイコン」が収納されている

目的:これを「言語バー」として表示したい

手順:
1)「スタート」→「歯車アイコン 」(設定)
2)「Windows の設定」画面の上部にある検索バーで「言語バー」を検索
3)「キーボードの詳細設定」→「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェック
4)「言語バーのオプション」をクリック
5)「デスクトップ上でフロート表示する」を選択

備考:
1)上記2)の代わりに、「時刻と言語」→「デバイス」→「入力」→「キーボードの詳細設定」と辿っても同じ。
2)上記5)で、「タスクバーに固定する」こともできる

---------------------

200119imebar

| | コメント (0)

[Windows10] エクスプローラの検索機能で、ピクチャのみを抽出する方法

目的:Googleフォトを一括でパソコンにダウンロードしたあと、不要なjsonファイルを除き、jpgファイルのみを抽出したい。

手順:
1)エクスプローラで、検索対象のフォルダ(Takeoutでも、その下の複数フォルダでも可)を表示
2)画面右上の検索ツールに、「ピクチャ」と入力
3)検索結果が表示される
  注:jpg、pngなどの画像ファイルが抽出される
4)「すべて選択」して、別のフォルダにコピーすればよい。

注意:検索ボックスが無反応になるトラブルあり。いったん閉じて、エクスプローラを再起動したら回復する。

備考:
1)画面右上の検索ツールにjpgと入れると、jpg.jsonファイルも出てきてしまう。
2)検索すると、画面上部に「検索ツール」タブが表示され、「分類」「サイズ」などで検索条件を絞り込める。
3)この「分類」の中に、「ピクチャ」、「音楽」などがある。
4)検索ツールに入れた検索語は保存され、次回以後は候補表示される。

参考記事:
Googleフォトを一括でパソコンにダウンロードする方法
http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-ace239.html

*****参考図

200130googlephotodl4

| | コメント (0)

Googleフォトを一括でパソコンにダウンロードする方法

[第1法] 対象画像を選択してダウンロード(最大枚数500枚)
1)先頭の画像にチェックを入れる(左上をクリック)
2)最後の画像に「Shift」キーを押しながらチェック
  注:飛び飛びの選択は「Ctrl」キーを押してチェック
3)右上の「︙」から「ダウンロード」
4)zipファイルとしてダウンロードされる

[第2法] 対象アルバムを選択してダウンロード
1)アルバムを開く
2)右上の「︙」から「すべてダウンロード」
3)zipファイルとしてダウンロードされる

[第3法] Google データ エクスポートを使用(全枚の場合に適す)
1)https://takeout.google.com/ のページへ
2)指定された手順に従う
・対象の選択1:「選択を解除」を押してから、Google フォトのみにチェックを入れる
・対象の選択2:アルバム内のフォルダを選択
・アーカイブのサイズ選択:例えば、2GB
・配信方法を選択:例えば、メールで送信
・「アーカイブ作成」をクリック
3)メールが届く→アーカイブ管理
4)ダウンロード→zipファイルを保存

備考:
1)[Googleアカウント]→[データとカスタマイズ]→[データをダウンロード]でも、[第3法]のGoogle データ エクスポート画面に辿り着く
2)第1法、第2法のzipファイルは、画像のみを含むので、問題なく解凍できる。
3)第3法のzipファイルは、日付フォルダの中に、(jpgファイル、写真名.json、メタデータ.json)が入っているので、整理が必要。Windowsのエクスプローラの「検索」機能で可能。(別途記載予定)
4)zipファイルの解凍に、Lhaplusを使うと、日本語のフォルダ名が文字化けする。Windows10標準のzip解凍機能を使用すれば良い。

参考記事:[Googleフォト] アルバムの一括(or 複数画像)ダウンロード
http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/google-or-1874.html

参考記事:[Windows10] エクスプローラの検索機能で、ピクチャのみを抽出する方法
http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-eb0446.html

*******参考図******

200130googlephotodl

200130googlephotodl2_20200130162901

200130googlephotodl3

| | コメント (0)

[Word] Windows10でWordがミニフリーズするトラブル

背景:新規購入したWindows10パソコンで発生。使い物にならない

環境:
・PC:Dell XPS 8930(デスクトップ)
・OS:Windows10;ホーム;64bit
・Office:Office H&B 2019(プリインストール版)
・日本語入力システム:ATOK2011

現象:
1)Wordを起動すると、フリーズして、使用できない。
2)タスクマネジャを見ると、Word内のどの操作でもcpu20%使用に跳ね上がり、約1分後に1%以下に戻る。
3)Excel、pptではトラブルなく、OK。

いろいろ試して、以下の方法で解決しました。

解決策:日本語入力システムをATOKからMicrosoft IMEに切り替える

備考:
1)原因は、ATOK2011のWindows10対応問題かも知れない。
2)長年、ATOKを愛用していたが、MS-IMEも問題なく使用できそうである。
3)ATOKからMS-IMEへの辞書移行は簡単にできた(別途、記載予定)。

[追記(2020/2/6)]

1)JUSTシステムから届いたATOK2011 update案内メッセージ(下図)に従って、ダウンロード→インストールした結果、上記現象は解消した模様。

---------

Justonlineupdate200129

| | コメント (0)

[Windows10] 圧縮ファイルの作成と展開方法

[エクスプローラー]の標準機能で、ZIPファイルを作成・展開(解凍)可能

■圧縮
圧縮するファイルを右クリックし、[送る] > [圧縮 (zip 形式) フォルダー]
または、圧縮するファイルを右クリックし、[共有]>[送信]>[Zip]

■展開
展開するファイルを右クリックし、[すべて展開]
または、圧縮するファイルをダブルクリックし、右上の[すべて展開]

備考:
1)LZH形式などZIP以外の圧縮ファイルは展開できない
2)パスワード付きZIPファイルの作成はできない
3)これらの機能は、他のソフト(Lhaplusなど)を利用
4)LZH形式は、セキュリティ問題などのため、現在は非推奨

 

| | コメント (0)

[Word2019] 編集記号の表示/非表示の切り替え方法

手順1:すべての編集記号の表示 / 非表示を切り替える場合
    [ホーム]-[段落]グループの[編集記号の表示/非表示]ボタン

手順2:特定の編集記号だけを切り替える場合
    [ファイル]-[オプション]-[表示]メニュー画面内で、編集記号のチェックをオンオフ


備考1:上記手順1のショートカットキーは、[Ctrl]+[Shift]+8 キー

備考2:編集記号とは、段落記号・タブ・スペースなどの文書編集に用いる印刷されない記号

| | コメント (0)

1台のモニタに2台のPCを接続して切り替え表示する方法

背景:
・PCを新規購入したが、モニターは1台しかない
・接続ケーブルを入れ替えるのは面倒
・幸い接続ケーブルは、アナログVGAとディジタルDVIの2本ある

環境:
・PC:Dell デスクトップ 2台
・モニター:Dell LCD;ST2420L

方法:
・2台のPCをVGAとDVIでモニターに接続
・モニター右側の設定ボタンで、入力を切り替える

 

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »