« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

特急「はるか」で提供されるWi-Fiへの接続方法(2016/1)

1)接続後のブラウザ画面で、ゲストコードを要求される
2)ゲストコードは、 画面にあるQRコードから(or 記載されているメールアドレス jrw@forguest.wi2.ne.jp に)メールを送れば、取得可能とある
  注:すなわち、スマホなど、別のメール送信手段がないと、直ぐにはつながらない
3)基本的には、事前にゲストコードの取得が必要
4)または、京都駅ビル、大阪ステーションシティ、天王寺ミオ、関西空港の第1ターミナルビルのインフォメーションでも入手可能
5)コードは、最初のログイン後、8日間有効
注:訪日外国人向けのサービスらしい
160129jrwestwifi1
160129jrwestwifi2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Thunderbird]複数署名を使い分ける

お薦めは、下記のアドオン。

手順:
Ⅰ.インストール
1)Thunderbird→[ツール]→[アドオン]
2)検索して、Signature / AutoPaste / Prefill Fourms を見付ける
3)インストール
4)Thunderbird再起動

Ⅱ.使用法
1)メッセージ作成→右クリック
2)[Insert Signature]をクリック
3)最初は、[Edit Signatures]→署名登録
4)登録後は、署名を選択して挿入できる

---------------
[2019/1/20追記]
署名が文字化けする場合は、署名ファイルをメモ帳で作って、名前を付けて保存するときに、文字コードをUTF-8形式で保存
190120sign1
----------------------------------------
160128thunderbirdsignature2_2
160128thunderbirdsignature3_2

160128thunderbirdsignature4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Excel]作業中のファイルの保存場所(パス)を取得したい

■Office 2010 の場合
第1法:[ファイル] → [情報]
(1A法)左上のファイル名の下に、パスが表示されている
(1B法)右下の[関連ドキュメント]→[ファイルの保存場所を開く]でフォルダを開き、アドレスをコピー

第2法:[ファイル] →[名前を付けて保存]→アドレスバーにファイルパスが表示されている

160121excelfolder

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長時間録音CDのCD-Rへのダビングは可能?

CD:録音時間 約77分(679MB)
CD-R:データ用 700MB
方法:Roxio Creator Starterでディスク・コピー
結果:通常のCDプレーヤで再生可能
備考:
1)データCDとオーディオCDは規格の関係で記録容量が異なる。
2)CDの容量と録音時間の関係:
  データ用 650MB⇒オーディオ用 746.9MB (約74分)
  データ用 700MB⇒オーディオ用 807.4MB (約80分)

----------------------------
[追記(2016/1/18)]
1)Total Time: 81:34(715.6 MB)のCDは、ダビング(コピー)不能
2)書き込みソフトImagBurnを使用した結果:容量不足の警告→オーバーバーンにクリックし実行→OK(成功)

160118cdcopyimageburn3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Sound Engine Free] 音程(ピッチ)を変更したい

手順:
1)音程タブ(再生、録音、・・・と並んだタブ列の右から3個目)をクリック
2)[半音]ダイヤルで調節(1とすると、 半音アップ)
3)ダイヤル行の右にある[実行]をクリック
4)ファイル保存

備考:
1)セント(1/100半音)単位でも調整可能

関連記事:
[Sound Engine Free] 音程を変えずに時間伸縮(速度変更)したい


160112soundenginepitch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Garmin] カスタムPOIを作成する(手順のポイント)

目的:ガーミンに、PCから地点情報をダウンロード
必要ソフト:Garmin POI Loader
(入手先:http://www.garmin.com/us/maps/poiloader)
■データファイル作成:CVSファイル;経度,緯度,名称,メモの順で、カンマ区切り
■アイコン画像作成:CSVファイルと同名の*.BMP;16x16~24x24画素程度
■ファイルが複数ある場合、csv、bmpを一つのフォルダにまとめる
■POI Loaderで変換&ロード:
(1)出力先にGerminを選択
(2)デバイスの選択:本体(私の場合、nuvi 2565(ユニット ID ******)と表示される)
(3)「デバイスに新しいカスタムPOIをインストール」選択
(4)データフォルダ指定
(5)→gpi形式に変換され、Garmin本体の\poi に入る
■Garmin:目的地検索→カスタムPOIのアイコンが出来ている

------------------
[2016/5/30追記]
1)経度,緯度の順は、GoogleMapで取得する順と逆なので注意。
2)ガーミン本体で、カスタムPOIを開き、各地点を選択→保存により、「お気に入り」に保存される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »