« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年9月

[Win7] 画面キャプチャには、Snipping Tool

・これまで、画面キャプチャに、 PrtScr キーを使用してきた。
・Win7では、もっと便利なSnipping Toolが標準搭載されていた。
・非常に便利で、愛用している。

起動準備:
1)[すべてのプログラム]→[アクセサリ]の中にある
2)右クリック→[タスクバーに表示する]

使用法:下記参考サイトが詳しい

参考サイト:
便利!画面キャプチャ:Snipping Tool

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Win7] 旧PCから新PCへ、OSも含めて、完全ディスクコピーする方法

背景:
・使用中のPCが壊れかけたので、ほぼ同機種のPCを購入
・OSを含め、Cドライブ全体を新PCにコピーしたい
・PCの仕様上の差は、CPUと、Win 32/64bitと、メモリサイズと、HDD容量

旧:Dynabook SS RX2
・CPU: Intel Core 2 Duo SU9300 1.20 GHz
・Win7 Pro SP 1 32bit
・メモリ: 3GB
・HDD: 80GB(5,400rpm、Serial ATA対応)
・使用領域: 46GB

新:Dynabook SS RX2L
・CPU:Intel Core 2 Duo SU9400 1.40GHz
・Win7 Pro SP 1 64bit
・メモリ:2GB
・HDD : 160GB(5,400rpm、Serial ATA対応)
・使用領域: 21GB

使用ソフト:
1)Win7のイメージバックアップ機能
2)Acronis True Image Home 2010

使用ハード:
1)外付けHDD(USB)
2)外付けDVD/CD装置(USB)

結果:2日間死闘の末に、成功しました
1)Win7のイメージバックアップ:コピーできず
2)Acronis True Image Home 2010:コピー成功!

Acronis True Image(ATI)による手順:
1)各PCにATIをインストール
2)各PCのC:を外部HDDにイメージバックアップ(所要 各30分程度)
3)新PCに外部HDD接続
4)新PCで、ATI起動して、ブータブルメディア(起動CD)作成
5)このCDから、新PC起動
6)復元選択 →ウイザードが開く
7)復元実行(所要 約1時間半)
8)CD外し、再起動→Win7起動
  以下、自動的にデラドバがインストールされ、完成

備考:
1)各PCは、ライセンス認証済みで、IDは同一だった
2)Acronis True Image Home 2010は、Acronis Universal Restore機能なしの標準版
  結果として、Plus Packは不要だった
3)ブータブルメディア(起動CD)作成が成功のポイント
4)CPUやHDDの差は、自動的にデラドバがインストールされ問題なし

参考サイト:
ゼロからはじめる「Acronis True Image Home 2010」- バックアップイメージからデータを復元
Acronis True Image の使用方法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Word2010] 個人情報(作成者、最終更新者など)を削除する

問題点:ファイルの右クリックして、「プロパティ」から作成者などを削除しても、完全に消えない
手順:2007以降のWordでは、以下の方法が用意されている。
1)[ファイル] →[情報]
2) [問題のチェック] →[ドキュメント検査] →[検査] をクリック
3)検査結果を確認
4)削除する項目の隣にある [すべて削除] をクリック

20150925wordkensa
【追記(2016/1/8)】 作成者の削除は、下図に示すように、情報ページ内でできる。
160108wordinfo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本語を含むURLをそのままコピペする

方法1:変換ツールを使用
・サイト例 http://n7.com/japanese/
      日本語 URL 変換ツール
・「%」混じりの URL を入れると、日本語が出てくる

方法2:URLを左クリックしてワードパッドなどにドラッグ&ドロップ
・ブラウザ:Chrome
・コピー先:ワードパッド、Thunderbird (メモ帳はダメ)
・全体選択の場合:
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%B5%E7%90%B6%E6%B9%96
・http以降の部分選択の場合:
 https://ja.wikipedia.org/wiki/琵琶湖

方法3:2回に分けてコピペ
・「ドメイン」と「ドメイン以下」を分けてコピー

備考:日本語URLは、基本的には非推奨なので、うまくリンクしない可能性がある

20150925urldrag

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Excel] ソルバーのパスワード要求プロンプトが表示される

現象:マクロを含むファイルの保存時に発生
原因:Excelのバグらしい
対策:ESCキー押しっぱなしで、消えた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Windows] Cドライブの空き容量を大幅にアップする

現象:
1)100GB容量のCドライブの空き容量が1GB以下になり、不具合続出。
2)不要なソフトを削除したが、なかなか増えない
3)偶然だ、以下の2つの方法を発見。問題解決した。

方法1:Windows Searchを停止し、インデックスファイルを削除
私の場合、増加容量=4GB
[Windows7] Windows Searchを停止して、Cドライブを空ける

方法2:Picasaのプリントスクリーン自動保存を止め、キャプチャしたファイル削除
私の場合、増加容量=13GB
[Picasa] プリントスクリーンの自動保存を止める方法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Picasa] プリントスクリーンの自動保存を止める方法

■現象:
1)Picasa起動中に、プリントスクリーンをクリックすると、画面右端に、Picasa「スクリーンショットが保存されました」の表示が出る。
2)この時、C:\Users\*****\Pictures\Picasa\スクリーン キャプチャ
  に、キャプチャ画像がbmpファイルとして自動保存される。
3)ディスク容量不足の原因になる。

■手順:
1)C:\Users\*****\Pictures\Picasa\スクリーン キャプチャ の中のファイル削除
2)このフォルダを書き込み禁止にする
 (1) 右クリック→プロパティ→セキュリティ→書き込み拒否→適用
 (2) 私の場合、Users(*****-PC\Users) の権限の書き込み拒否が効いた

注:****は、ユーザ名

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Chrome] Google Chromeのバージョン確認方法

OS:Windows7

手順:右上の[三]ボタン→[ヘルプと概要]→[Google Chromeについて]

150911chromeversion

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Windows7] Windows Searchを停止して、Cドライブを空ける

下記により、大幅に空き容量をアップ可能

■サービス停止手順
1)コントロールパネル→管理ツール→サービス
2)Windows Searchを右クリック→プロパティ→スタートアップの種類を無効
3)Windows Searchを右クリック→停止

■インデックスファイルの削除手順
1)C:\ProgramData\Microsoft\Search\Data\Applications\Windows\windows.edb を削除
2)ゴミ箱を空にする

150910winsearchstop

150910winfiledelete

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Win7] 休止状態のPCが勝手に起動する問題

現象:PCの電源が勝手に入る現象が突然発生
解決策:下記の手順で、解決の模様
1)コントロールパネル→ハードウエアとサウンド→電源オプション
2)電源プラン設定の変更
3)詳細な電源設定の変更
4)電源オプション→スリープ→スリープ解除タイマーの許可→無効にする

備考:原因は下記解析により、Windowsの更新プログラムと推測される。
1)スタート→管理ツール(or コントロールパネル→システムとセキュリティ→管理ツール)→イベントビューアー→Windowsログ→システム→システム→開く
  で、イベント・ログが見れる
2)異常発生時刻を見ると、
   システムはスリープ状態から再開しました。
   スリープ時刻: ‎2015‎-‎09‎-‎09T16:15:07.460463400Z
   スリープ解除時刻: ‎2015‎-‎09‎-‎09T16:18:50.746414400Z
   スリープ解除の原因: 不明
  などとある
3)それ以前に、下記記録有り、これが原因かも知れない
  インストールの準備完了: 次の更新プログラムのダウンロードが完了し、インストールの準備ができました。現在、これらの更新プログラムを ‎2015‎年‎9‎月‎10‎日 に 1:18 にインストールする予定になっています:
  - Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3083324)など
150910powersleeptimer
150910powertrouble

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCとwebカメラで、「留守番カメラ」を設置する方法

目的:留守中の自宅の監視
手段:ライブストリーミング配信
必要なもの:PC、webカメラ(USBカメラ)
費用:上記があれば、無料

手順:
1)Ustream(ユーストリーム)のアカウント取得
2)Ustream画面にログインして、右上の[ライブ配信]をクリック
3)チャンネル名などを入力して、保存
4)Adobe Flash Player設定画面で、[許可]をクリック
5)[配信開始]をクリック

受信:下記のようなURLで、動画受信できる
   http://www.ustream.tv/channel/********
  (注)******は、チャンネル名から自動的に決まるようだ。
------------------------------------------------------
備考:
1)PCの動作継続のために、
 (a)コンピュータの自動更新をオフにする
 (b)電源設定を常にオンにする
2)他のPCから配信するには、
 (a)Ustream画面にログインして、右上の[ライブ配信]をクリック
 (b)[既に別のデバイスから配信中です]と表示される
 (c)[配信モードに切り替え]をクリック
3)上記手順は、既にwebカメラが装備されている場合。
 
-------------------------------------------------------
150831ustream0
150831ustream1
150831ustream2
150831ustream5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »