« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

[Excel] シートの書式をコピーする方法

目的:異なるシート間で、データは変えずに、書式だけコピーしたい

手順:
1)コピー元のシートの左上コーナーを右クリック
2)[コピー]
3)コピー先のシートの左上コーナーを右クリック
4)[貼り付けのオプション]→[書式設定](%マーク)

備考:シートをコピーして、データを「値」貼り付けする方法もある

追記('15/1/24):

1)セルの条件付き書式設定もコピーされ、便利

2)複数シートへの一括コピーも可能

Excel3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Excel] マクロでワークシート関数を使いたい

基本:VBAからワークシート関数を呼び出すにはApplicationオブジェクトのWorksheetFunctionプロパティを使用

コード:Application.WorksheetFunction.関数名() 

    注:Application.関数名() と省略可

例:      
・Application.Max(Range("A1:B10")) 
・Application.Index(Range("A1:T20"), I, J)

参考:Visual Basic で使用できるワークシート関数一覧
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/office/ff836235%28v=office.15%29.aspx

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Excel] エクセルマクロのVBAでINDEX関数を使いたい

基本:
1)VBAからワークシート関数を呼び出すにはApplicationオブジェクトのWorksheetFunctionプロパティを使用

2)INDEX関数はセル範囲形式と配列形式の2種類があり、セル範囲形式は、指定した行と列が交差する位置にあるセルの値を抽出します。

コード例:
   p = Application.Index(Range("A1:T20"), I, J)

備考:

1) p = Application.Index(A1:T20, I, J) は、エラー

2)Application.WorksheetFunction.Index()が正式だが、WorksheetFunction.を省略可

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Excel] グラフを別ブックにコピーした時に、コピー元ブックへのリンクを切る方法

ソフト:Excel2010

目的:同一ブック内のシート間コピーは、下記関連記事の中の【追記】(2011/10/18) グラフの「元のデータ」を開き,書き換える方法が便利。しかし、ブック間コピーは、少し厄介。

手順:
1)コピペされたグラフを選択→[データの選択]
2)グラフデータの範囲(元のブックの範囲が入っている)をクリア
3)新しいブックのデータ範囲を選択
4)必要により、下方の[編集]から修正

備考:
1)シートごとコピーして、同一ブックにする方法もあり。

関連記事:
[Excel] グラフを別シートにコピーした時に、コピー元シートへのリンクを切る方法
http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/excel-4de8.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Excel] 3Dグラフのデザインを変えたい

問題点:
・Excel2010の3Dグラフは、以前(2003)と違って、おかしなテクスチャが入り「科学的」でない

解決手順:
1)凡例の凡例マーカーをダブルクリック(or 右クリック→領域の書式設定)
2) [領域の書式設定] が開く
3)[3D書式]→[表面]→[質感]→[立体表示]→[フラット]を選択
4)以上を、各マーカーで繰り返す

結果:
・おかしなテクスチャ(陰影)は、なくなる
・画素内が平坦でないものがある(2段以上の変化があると、途中の色が出現)

お薦め:
1)同じ書式設定画面で、枠線の色→線ありとして、グリッドと境界線を表示
2)これを[デザイン] → [種類]→ [テンプレートとして保存]

関連記事:[Excel2010] 等高線グラフの目盛間隔変更方法
http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/excel2010-a0f9.html

D
3d2d
D3d

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Excel] マクロのコピー

マクロの改訂版を作成する際に必要となる。

同一ブック内に複製を作る場合:地道な方法だが・・・

1)[開発]→ [Visual Basic]
2)[編集]→[すべて選択]→[コピー]
3)[挿入]→[標準モジュール]
4)[貼り付け]

他のブックにコピーする場合

[Excel] マクロ モジュールを別のブックにコピーする
http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/excel-c09b.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Excel] マクロで、複数行をまとめてコメントにする

方法:[コメントブロック]機能を利用する

手順:
1)ツールバーを右クリック
2)[編集]を選択
3)コメントアウトしたい行(複数可)を選択
4)[編集]ツールバーにある[コメントブロック]をクリック

備考:ツールバーにユーザ設定する方法
1)[表示]→[ツールバー]→[ユーザー設定]
2)コマント・タブ→編集
3)[コメントブロック]をツールバーにドロップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Excel] 数式の参照先を置換機能で一気に変更する

目的:セルの数式は同一で、パラメータ(参照セル)の異なる複数のシートを作成したい

方法:
1枚のシートを作成して、コピーしたあと、置換機能で参照先を一括変更する

例:数式内のmain!$A$1を、$1から$2への置換で、すべてmain!$A$2に変える

備考:
1)同様に、シート名も一括変更可能
2)相対参照のアドレスを絶対参照に変換可能
3)セル範囲を選択してから置換すると、そのセル範囲内だけ置換することが可能

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Excel] 重回帰を関数で計算する

目的:多変数の回帰方程式 y = m1*x1 + m2*x2 + m3*x3 + ...  + b
の係数(傾き)mと定数(切片)bを求める

概要:
・重回帰分析を1回ずつ実行するのは、「分析ツール」→「回帰分析」で可能。
・関数で自動計算させるには、LINEST関数を使用する。

書式:LINEST(従属変数yのセル範囲, 独立変数xのセル範囲, [定数option], [補正option])
・通常は、[定数option], [補正option]不要
・例:=LINEST(C1:C10,A1:B10)

通常の手順:配列数式なので、ちょっとしたコツが必要
1)出力したいセル範囲をドラッグで指定する。1行x(説明変数の数+1)列
2)=LINEST(C1:C10,A1:B10)のように入力
3)Ctrl+Shift+Enterを同時に押す
4)係数、切片が出力される

 注:{=LINEST(C1:C10,A1:B10)}のような括弧が付く

お薦め手順:index関数を利用。独立変数が2個の場合、
1)傾き#1:
   =INDEX(LINEST(y範囲,x範囲),1)
2)傾き#2:
   =INDEX(LINEST(y範囲,x範囲),2)
3) 切片:
   =INDEX(LINEST(y範囲,x範囲),3)

参考サイト:http://office.microsoft.com/ja-jp/excel-help/HP010069838.aspx
LINEST 関数
このページの使用例3に多変数の線形回帰があるが、分かりにくい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »