« [Excel] マクロで、別のブックのセルを参照する方法 | トップページ | [Picasa] ウェブアルバムのコピー »

[Excel] 合計するセル範囲を可変にする

課題:データ数が変化する場合の合計や平均を求める

方法:OFFSET関数を使用する

OFFSET関数の書式:OFFSET(基準, 行数, 列数, 高さ, 幅)

機能:基準セルから指定した行数・列数分をシフトした位置を始点として、高さと幅のセル範囲を返す

例:OFFSET(A1,,,5,1)
説明:OFFSET(A1,0,0,5,1)と同じ
   A1セルを基準として高さが5、幅が1のセル範囲
   A1:A5セル範囲のこと

参考:「行数」と「列数」を指定することは少ない

合計の例:=SUM(OFFSET(A1,,,B1,)) は、セル A1 を基準とし、高さが B1セルで指定されるデータの合計
=SUM(A1:OFFSET(A1,,,B1,)) も同じ

【追記】('14/12/15)
マクロの場合には、Resizeプロパティがあり、セル範囲の変更が簡単にできる。
構文:Resize(行数, 列数)
例:Range("$A$1").Resize(N, 1)は、A1セル起点に、N行1列のセル範囲を意味する

|

« [Excel] マクロで、別のブックのセルを参照する方法 | トップページ | [Picasa] ウェブアルバムのコピー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217579/60766124

この記事へのトラックバック一覧です: [Excel] 合計するセル範囲を可変にする:

« [Excel] マクロで、別のブックのセルを参照する方法 | トップページ | [Picasa] ウェブアルバムのコピー »