« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

[Excel 2010] マクロの実行ボタンの作成と削除方法

■ボタンの作成

1)シート内にテキストボックスを作成
2)内部に、例えば「マクロ実行」と書き込む
3)右クリック→[マクロの登録]
4)マクロの一覧からマクロを選択→ [OK]

■ボタンの削除

1)右クリック
2)左クリック
3)delキー

注1:マクロ使用時には、拡張子をxlsxからxlsmに変更

注2:ボタンを左クリックすると実行する。移動や削除の際は、いったん右クリックしてから、左クリック

注3:Excel2003までの作成方法は、下記
  http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/excel-c696.html
  [Excel] マクロの実行ボタンの作成と削除方法

注4:シート上のボタンではなく、クイック アクセス ツール バーにマクロのボタンを作成することもできる。

1) [ファイル] → [オプション]
2) [クイック アクセス ツール バー]
3) [コマンドの選択] の一覧から [マクロ] を選択
4)マクロ名を選択
5) [追加 >>] をクリックしてマクロを右側の一覧に追加
6) [変更…] をクリック→ボタン イメージを選択
7) [OK]

------------------

追記(2015/10/7):

1)シート上にコマンドボタンを配置する方法があります。

2)これで作成したボタンの削除は、分かりにくい手順です。

  [開発]→[デザインモード]をオン→コマンドボタン選択→[Delete]キー

  or 右クリック→[切り取り]

151006excelmacrocommand

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[英語][仏語] inscriptionとは?

国際会議関係メールで、以下の文があり、inscriptionが理解できなかった。

Moreover, your paper will be included in the conference proceedings
only if at least one inscription for this article has been realised before September 15th, 2012.

英語の辞典では、銘,碑文,題字,書名; 献辞

web検索で、以下の文を発見:
・May, 1st 2010: Conference inscription with paper deadline.
・Conference registration - Inscription congres.

どうやら、仏語では、(会議の)登録のことらしい。

そこで、仏語の意味を調べると、
応募、申込み、登記、登録、碑文、碑銘、記載など。

確かに、この会議はフランス開催でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

[Excel] グラフ作成で、結合(統合)セルを軸ラベルにできない

現象:結合したセルを範囲指定してグラフにすると、項目軸には結合したセルの数だけ目盛が出てしまう。

原因:結合(統合)セルは結合前の数のデータと見なされる仕様らしい

対策:
1)セルの結合を解く
or
2)別のセルに軸ラベル用データを作成し、参照する

備考:セルの結合は、名前やタイトルには良いが、データに使うのは避けるべき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ppt] PowerPointのスライドを画像として保存する

手順 :

1)[ファイル]→[名前を付けて保存]
2)[ファイルの種類]で、任意の画像形式を選択(例:jpg)
3)保存先フォルダ、ファイル名を指定
4)[保存]をクリック
5)[全てのスライドを画像にする]か、[現在のスライドだけを画像にする]かを選択

備考:スクリーンキャプチャする方法より簡単で綺麗。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Word] 英文の大文字を小文字に一括変換する方法

目的:既に作成済みの参考文献リストで、英語の単語の先頭の大文字を小文字に変換したい

方法:Word 2010の場合

1)変換したい文字列をドラッグして、範囲指定
2)[フォント]→[文字種の変換](Aaマーク)をクリック
3)[すべて小文字にする]をクリック

非常に効率的で、気分が良い!

同様に、半角←→全角変換も可能

参考:確定文字の再変換方法
1)再変換したい漢字の左側にカーソルを置き、右クリック
2)表示された変換候補から、目的の漢字を選択

-------------------------------------------

追記(’13/07/08)

一括変換ではなく、1語単位で変換するには
(1) 変更する英単語にカーソルを合わせる (選択する必要はない)
(2)[Shift]+[F3]キー
(3) 単語の先頭だけ大文字→すべて大文字→すべて小文字、の順に切り替わる

選択文字列を大文字に一括変換するには
(1) 文字列を選択
(2)[Ctrl]+[Shift]+[A]キー
(3) 選択した文字列の中の小文字の部分だけ、大文字・小文字が切り替わる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Excel] セルの値(計算結果)を固定する方法

目的:乱数関数などで計算したセル値を固定する

お薦め:計算方法を自動計算から手動計算に切り換える

手順:

■Excel2003
 [ツール]→[オプション]→[計算方法]→[手動]をクリック

 再計算実行:[F9] キーでブック全体;[Shift]+[F9] キーでアクティブなシート

■Excel2010
 [数式]→[計算方法の設定]→[手動]をチェック

 再計算実行:上記タブの隣にある[再計算] or [シート再計算]をクリック

 下記備考3)も参照。

備考:

1)コピー&ペーストで、値のみにする方法があるが、元の関数は失われる

2)データシートで条件を変えて計算した値を参照して、各条件別のシートで計算する場合;
  ①計算方法を自動計算から手動計算に切り換える
  ②条件1でデータシートの再計算([Shift]+[F9] キー)
  ③条件1シートの再計算
  以下、条件を変えながら、②③の繰り返し

3) 保存時に、自動計算される場合がある。これは、オプション→数式→ブックの計算で、[ブックの保存前に再計算]がオンになっているため。オフにすると、再計算しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Word] 書式を複数個所にコピー&ペーストする"連続技”

ソフト:Word2010

目的:文字書式や段落書式を複数個所に貼り付ける

手順:

1)コピー元の文字列または図を選択
2)[ホーム] → [クリップボード] → [書式のコピー/貼り付け] をダブルクリック
3)貼り付け先を次々と選択してクリック
4)Esc キーで終了

参考:シングルクリックなら1回貼り付けモード;ダブルクリックで、連続貼り付けモードになる

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[Excel2010] グラフの近似曲線を削除する

以前の方法と異なり、分かりにくい

手順:

1)グラフをクリック

2)[グラフ ツール] →[書式]

3)一番左にある[現在の選択範囲] で、[グラフの要素] ボックスの横の矢印をクリック

4)グラフの要素(削除対象;近似曲線など)をクリック

5)delキー

注:最後の操作の代わりに、   [レイアウト] → [分析] → [近似曲線] →[なし] でも良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Irfanview] パノラマ画像作成時、画像の読み込みエラー発生

環境
 PC:Win7
 Irfanview 4.10
 Irfanview 4.33 (日本語モジュール 4.33)

トラブル状況

  • 特定の画像で、パノラマ画像が作成不能(画像ファイルを読めない)
  • 他の画像はOK
  • bmpに変換してもダメ
  • Irfanview を最新版 4.33と日本語モジュールにしてもダメ
  • Irfanview 4.33で、オプション→言語を変更→「起動時にUnicodeプラグインを読み込む」はオフ(オンオフ切り換えてもダメ)

原因
 ・フォルダ名に「ダメ文字」が入っていたため
  (カタカナの”ポ”が入っていた)

解決策
 ・フォルダ名を変更

備考:「ダメ文字」とは?
・特定の日本語文字(Shift_JIS)の2byte目が制御記号(5Cなど)とぶつかり、誤認識される
・例:—(ダッシュ)、ソ、ポ、構、能、表

参考サイト:
https://sites.google.com/site/fudist/Home/grep/sjis-damemoji-jp/table
ダメ文字一覧表

追記(2012/9/17)

 フォルダ名だけでなく、ファイル名でも同じトラブル発生する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Windows] エクスプローラーでのファイルやフォルダの表示順序

問題点:Win7において、名前に年月日が入ったフォルダを降順で表示したいが、以下のよ
うな順になってしまう

1103
1203
110320
120204

Ⅰ.並び順ルール:Windows のバージョンで異なる

1)XP より前 (98, Me, 2000 など) :数字も文字として扱われ、「文字順」
  例:111 < 22 < 3

2)XP 以降 (XP, Vista, 7 など) :数字は数値とみなされ、「数値順」
  例:3 < 22 < 111

Ⅱ.ルールの変更:XP 以降で、 「文字順」に変更可能

1)XPでは、レジストリを変更
2)Win7では、ローカル グループ ポリシーで設定変更
3)ただし、フォルダ個別設定はできない

Ⅲ.お薦め

1)ルールは、デフォルトの「数値順」のままを使用
  理由:「名前の一括変更」などで、数値順のファイル名(例:mage1, Image2, …, Image11 )が多い

2)冒頭に記載の問題は、空白やハイフンを入れて、数値の桁数を揃えることで解決
  例:1103<1103 20<1202 04<1203

参考1:名前の一括変更
複数のファイルやフォルダーを選択した状態で名前を変更すると、それらの名前を一度に
変更することができる。名前は、自動的に通し番号( 2, 3, … 10, 11, … )になる

参考2:名前に数字が含まれるファイルやフォルダの並べ替え順序が Windows XP と
Windows 2000 で異なる
http://support.microsoft.com/kb/319827/ja

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »