« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

[Win7] 拡張子のないファイルをメモ帳で開けるように関連付けたい

目的:拡張子のないテキストファイルがあり、メモ帳で開くようにしたい

手順:

1)[スタート]→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]

2)例えば、C:\Users\Ken> と表示され、コマンド待ちになる

3)assoc .=test file (ENTER)

4)ftype Test File=notepad.exe %1 (ENTER)

5)exit (ENTER)

備考

1)assoc .=test file で、拡張子のないファイル(「.」が拡張子)の種類(タイプ名)が「test file」となる

2)ftypeコマンドで、test fileというタイプ名に対して、起動するコマンドが定義される

3)「%1」は第1引数(ダブルクリックしたファイル名そのもの)を表す

4)参考サイト:
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/841ftypes/ftypes.html
コマンド・プロンプトでファイル拡張子の関連付けを変更する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Thunderbird] アドレス帳にフォルダを作成する方法

ソフト:Thunderbird ver.10.0

背景:
・アドレス帳は、フォルダ分けができない
・しかし、複数のアドレス帳を管理できるので、これをフォルダと見なす
・階層は、1階層までになる

手順:

1)アドレス帳を開く(アイコンがある)

2)ファイル→新規作成→アドレス帳をクリック

3)フォルダ名を入力→OK

その後は、既存のアドレスをドラッグしてフォルダに移動

参考:

1)アドレス帳ツールバーの [新しいリスト]からアドレスリストが作成可能

2)アドレス帳のソート方法

・姓に「よみがな」を入れる
・「表示」→「名前の表示」→「姓 名前」
・「表示」→「並び替え順」→「よみがな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Skype] 相手のビデオスナップショットを撮る方法と画像保存場所

問題点:久しぶりにSkypeでビデオ通話をしたら、ビデオスナップショットのメニューが見当たらない

原因:Skype 5.5で、操作画面が変更(改悪!)されたため

操作法:通話ウィンドウの下の「+」ボタン→[スナップショットを撮る]

保存場所:[表示]→[スナップショットギャラリー]→[選択]で見られる

Windows XPの場合、   
C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\Skype\Pictures

画像は、png形式

---------------------------------

[改訂 2012/8/13]

Ver.5.8~5.10の場合

通常の方法:通話ウィンドウの下の「+」ボタン→[写真を撮影]

便利な方法:以下の方法で,ショートカットを設定する

1)「ツール」>「設定」>「ショートカット」を選択
2)「ショートカットキーを有効化」をオン
3)「ビデオ通話中にスナップショットを撮る」をオン
4)キーの組み合わせを入力(例:Ctrl+S)

------------------------------------

参考:

1)Ver.3.8の場合
 (a)ビデオ画面の下の[メニュー]→[ビデオスナップショットを撮る]
 (b)ここで開く画面左下に、保存場所へのリンクあり
   この画面は、[ツール]→[ビデオスナップショット]でも開く

2)Ver.4.2の場合
 (a)ビデオ画面の上に[ビデオスナップショットを撮る]
 (b)ここで開く画面左下に、保存場所へのリンクあり
   Windows 7の場合、
   C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Skype\Pictures

----------------------

[追記('13/4/10)]
保存場所を見つける場合、「隠しフォルダ」が表示される設定になっている必要がある。
この設定方法は、
http://support.microsoft.com/kb/2453311/ja
Windows の隠しファイルや隠しフォルダーを表示する方法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[html] ソースは正常なのに、web上では画面が表示されない

現象:
・IEでは、白画面
・Firefoxでは、「XML パースエラー: 整形式になっていません」など
・ローカルでは、正常表示
・メモ帳で見るかぎり、ソースには異常がない

原因:
・メモ帳でファイル保存の際に、コードがUTF-8に指定されていなかった

対策:
・コードをUTF-8に指定して保存

関連記事:

[html] 文字コードUTF-8でホームページを作成・編集する方法
http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/html-utf-8-c14e.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[html] ホームページのBGMをオンオフ制御可能にする

背景:以前は流行であったBGMも、自動的に鳴らないようにするのが最近の風潮のようだ

目的:自動再生ではなく、オンオフ制御可能にする

方法:

1)<EMBED>文を以下のように書く

<embed src="****.mid" align="baseline" border="1"
width="200" height="40" autostart="false" repeat="false"
type="audio/mid" >

2)曲名とオンオフ可能なことを表示

<p align="center">BGMは、*****”。上の操作ボタンでBGMをオンオフできます。</p>

備考:

1)これで、ページに「WindowsMediaPlayer」「QuickTime」などの音楽再生ソフト(プレーヤ)が表示される。何も音楽再生ソフトが入っていない場合は表示されない。

2)width="200" height="40"は、プレーヤの表示サイズ

3)autostart=自動再生の有無、repeat=繰り返し再生の有無(true:する;false:しない)

参考記事:

http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/word-f231.html
[html] ホームページのBGMにMP3を使う方法

http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/firefox-bgm-24b.html
[Firefox] ホームページのBGM音楽が聞こえない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[html] HTMLをXHTMLに書き換える方法(FrontPage Express利用)

目的:使い慣れたFrontPage Expressを利用して、XHTML文書を編集する

手順:

1.XHTML文書をFrontPage Express(FPE)で開く

  (a)文字化けの場合は、ファイル→ページのプロパティ→HTMLエンコード→多言語(UTF-8)選択

2.編集して、保存

3.できたHTML文書をメモ帳で開く

  (a)文字化けの場合は、ファイル→開く→[文字コード]を「UTF-8」に設定

4.以下の宣言文を下記例のように書き換える(元のXHTMLに戻す)

(旧)
<?xml version="1.0" ?>

(新)
<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML Basic 1.0//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml-basic/xhtml-basic10.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja">

5.以下のmeta文を削除(または、次項のように文末を書き換える)

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
<meta name="GENERATOR" content="Microsoft FrontPage Express 2.0">

6.以下のようなmeta文は、削除するか、例のように文末を書き換える(終了タグの付加

(旧)
<meta name="keywords" content="キーワード">
(新)
<meta name="keywords" content="キーワード" />

7.置換を利用して、以下のタグを書き換える

 (a) hrタグ:<hr> → <hr />
 (b) brタグ:<br> → <br />

8.ファイル→[文字コード]を「UTF-8」に設定して保存

参考:

1)cssを使用の場合、下記リンク文があるが、これはFPEを経由しても保存される筈。
<link rel="stylesheet" href="./style.css" type="text/css" />

2)不具合がある場合、ブラウザでは以下のように表示される。

・IE:白画面
・Firefox:「XML パースエラー: 整形式になっていません」、または、「XML パースエラー: タグの対応が間違っています。終了タグが必要です」というようなエラーメッセージ

3)HTMLとXHTMLの最も大きな差異:
 ・文書の先頭部分
 ・タグは小文字
 ・終了タグの省略不可
 ・<br><hr>といった空要素タグは、<hr />のようにする

  注:空要素タグとは内容を持たないタグで、 <br> <hr> <img> <link> <meta>などがある

参考サイト: 
http://www.atmarkit.co.jp/fxml/askxmlexpert/022xhtml/22xhtml.html
HTMLとXHTMLの違いはどこにある?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[html] 文字コードUTF-8でホームページを作成・編集する方法

目的:文字コードUTF-8で作成されたホームページを編集する

方法1:Notepad(メモ帳)の場合

・読み込み:ファイル→開く→[文字コード]を「UTF-8」に設定
・保存:ファイル→名前を付けて保存→[文字コード]を「UTF-8」に設定

注:通常、自動的に設定されることが多い

方法2:FrontPage Expressの場合

・ファイル→ページのプロパティ→全般→HTMLエンコード→表示、保存とも「多言語(UTF-8)」選択

方法3:ホームページビルダーの場合

・ファイルを開く画面の一番下、入力漢字コードで、Unicode(UTF-8)を選択

http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/unicodeutf-8-bc.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[html] ページのキーワードなどの挿入方法

<head> </head>要素の間に次のように入力する。

<meta name="keywords" content="キーワード,キーワード">

例:

<head>
<meta name="keywords" content="Ken,我楽多館,美術館,フェルメール,音楽,エンヤ,映画,旅行">
<meta name="description" content="美術展・美術館・映画の鑑賞録、旅行記、好きな音楽など情報満載です">

<title>Kenの我楽多館</title>
</head>

参考:現在の検索ロボット(グーグルなど)には効果がないとの記述もある。

*************************************

追記(12/03/22):

XHTML対応の場合は、は、最後に、空白と/を入れる
<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,キーワード3" />

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Firefox] HTMLソースを表示する方法

ソフト:Mozilla Firefox ver.10

方法1: 右クリック→ページのソースを表示
    注)選択してから右クリックすると、選択箇所のソース

方法2: ctrl+U キー

方法3: ツール→web開発→ページのソース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[SoundEngine] ファイル保存フォルダの設定

デフォルト:私のPCの場合、C:\Documents and Settings\xxx\Local Settings\Temp\SoundEngine\

変更方法:

1)[フォルダ]タブをクリック

2)録音フォルダにフォルダを設定

参考サイト:http://soundengine.jp/software/soundengine/help/?title=folder_tab

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Win7] SoundEngine FreeのMP3ファイル対応

背景:Win XPまでの対応方法では動作せず

方法:Lameを使用する

手順:

1)http://lame.bakerweb.biz/ から、Lame MP3 EncoderをDL

2)解凍した「lame.exe」をSoundEngineのウインドウに直接ドラッグ&ドロップ

3)「ドラッグアンドドロップされたファイルを初期設定フォルダにコピーしました」のメッセ
ージが表示→OKをクリック

4)SoundEngineの「コマンドライン」タブを開く

5)「ライブラリ」欄に何か名前を記入

6)コマンドライン記述欄に下記のコマンドラインを記述

[Open]
Extension=mp3
Execute=lame.exe
Parameter=--decode $src $dst
Text=Lame Decode

[Save]
Extension=mp3
Execute=lame.exe
Parameter=-b 192 $src $dst
Text=Lame Encode

7)ライブラリ→メモ帳の保存をクリック

参考サイト:
http://homepage3.nifty.com/nanahoshi/semp3/semp3.html
SoundEngineでMP3

参考:XPまでなら、
http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/soundengine_fre_7603.html
SoundEngine Freeのmp3ファイル対応

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »