« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

[Word] アンカー付きのオブジェクトをコピー&ペーストする際の小技

他の文書にあるアンカー付きオブジェクトをコピー&ペーストする際に、カーソルを連結したい段落に合わせておけば、そこに連結される(Word2003)

これを利用して、アンカー付きオブジェクトの連結されている段落を簡単に変更できる

オブジェクトのプロパティからレイアウト変更するより、はるかに簡単!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Word] 箇条書きの章節番号のうしろのタブを削除したい

問題点:「箇条書きと段落番号」で章節番号を入れると,そのうしろにタブが入り,空白が大きすぎる(Word2003)

解決策:
1)書式→箇条書き→アウトライン番号の書式→オプション
2)「番号に続く空白の扱い」:タブスペースに変更

備考:タブが役立つのは、文字が2行以上の場合

【追記(11/9/28)】 箇条書きが段落番号の場合、上記のオプションがない。
この場合は、段落番号の書式設定ダイアログボックスの「タブ位置」、「左インデントからの距離」の数値を調整する。
(1),(2)・・・の場合、6mm,6mmで丁度良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Word] アンカーを移動できない

現象:オブジェクトのアンカーをマウスで移動できない

原因:図形描画ツールのオブジェクトの選択がオンになっているため

対策:これをオフにする

備考:図の後ろの文章(段落)が,前のページに空白ができても,前のページに移動しない問題が発生.
   この原因は,この段落が,このページにある図のアンカーに連結しているため.
   この連結を切れば(アンカーを移動すれば),問題が解決する.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Word] テキストボックスの選択・削除方法

Word2003で、なかなか削除できない現象発生。その時の対処方法です。

通常の方法:テキストボックスを選択状態(枠線が網の状態)にして、Deleteキー

次の手段:図形描画のツールバーを出して、図形選択(矢印)で範囲選択ができるので、そのテキストボックスがある周辺を範囲選択→Deleteキー

次の手段:テキストボックスが選択できない場合(Word2003)、
書式→テキストボックス→テキストボックスの書式設定→テキストボックスTab→レイアウト枠に変換→Deleteキー

注1:選択された状態にするには、テキストボックスの境界(端)へマウスを移動し、ポインタが 十字になった所でクリック

注2:テキストボックスの枠線の模様は、
 ①選択された状態:網(ドット)模様
 ②カーソルが入った状態:斜線模様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Word] テキストボックス内の文字列の検索と置換

問題点:通常の検索・置換では、テキストボックスの中の文字列が対象にならない。

解決法:オプションで、検索方向を「文書全体」にする。

備考:デフォルトの検索方向「下へ」では、テキストボックスの中の文字列を対象とし
ない。検索方向を「文書全体」にすると、テキストボックスの中も検索・置換する。

この技を知らずに、これまで時間を無駄に費やしていました(^^;
デフォルトを「文書全体」にすべきと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Word] ダガー記号(†)の入力方法

論文の脚注などに使用される記号(†)の入力方法は・・・

方法1:ダガー」と入力して、変換

方法2:「挿入」→「記号と特殊文字」→「フォント」が「現在選択されているフォント」(MS明朝)の状態で
   ①種類を「記号と特殊記号」→9行目
   ②または、文字コード 81F5 [日本語シフト JIS(16進)]

注:2バイトコードなので、「Symbol」にはない

記号  読み方     日本語シフト JIS(16進)
†     ダガー       81F5
‡     ダブルダガー   81F6
¶     段落記号      81F6

参考サイト:ja.wikipedia.org/wiki/短剣符

-------------------------------------------------------

【追記(2011/10/13)】半角のダガー記号の入力方法

1)半角の記号は,「Symbol」にはなく,他の英字フォント(Times New Roman,Arialなど)にある.

2)その挿入方法
 (1)「挿入」→「記号と特殊文字」→「フォント」が「英数字用のフォント」→種類を「記号と特殊記号」→9行目
 または,
 (2)全角の「ダガー」を入れてから,フォントを英字に変える
 または,
 (3)ATOKなら,「文字パレット」→欧文コード表→86

注:「メモ帳」にコピー&ペーストすると,†(全角)になってしまう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Word] 別の文書にあるスタイルを利用する方法(Word2003)

Word2001までと異なり、Word2003では、スタイル設定が分かりにくい。

1)作成中の文書で、[書式]→[スタイルと書式]を選択。画面右に[スタイルと書式]バーが表示される。

2)最下欄の表示から、「ユーザ設定」選択

3)書式設定の窓で、最下欄の「スタイル」をクリック

4)構成内容変更:スタイルタブに、現在の文書のスタイルと、Normal.dotのスタイルが表示される。

5a)Normal.dotにある場合:右から左にコピー

5b)Normal.dotにない場合:「ファイルを閉じる」をクリック→「ファイルを開く」→.doc文書を選択し、スタイルを表示させる→右から左にコピー

  注:ファイルを開く時に、デフォルトでは拡張子が.dotになっているので、.docに変更

備考:

1)コピーの際に、上書きすると、自動的に文書のスタイルが新スタイルに変更される

2)Word2001までは、「書式」→「スタイル」→「構成内容変更」

3)常に使いたいスタイルがある場合は、Normal.dotにコピーする

4)スタイルを登録するには、[書式]→[スタイルと書式]→スタイル選択→上のプルダウンから「スタイルの変更」→[スタイル変更]ダイアログの[テンプレートに追加する]にチェック→OK

参考サイト:

http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/word-7565.htm
[word] 別のテンプレートを適用する方法

1)適用したいテンプレートを「保存」メニューで、.dotとして保存
2)適用したいwordファイルから、[書式]- [テーマ] -[テンプレートの適用] をクリックし、
  [テンプレート] ボックスで、テンプレートを選択。
これにより、書式-スタイルから適用可能になる

http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/word-a748.html
[Word] テンプレートの保存・利用方法

http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/word---13d3.html
[Word] よく使うスタイルをボタンにする - 超便利!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Excel] グラフのマーカーを間引きたい

問題点:データ数が多いときに,マーカーつきの折れ線グラフが,どのマーカーでも太い線になってしまう

解決策(概要):以下の2方法がある.マクロの利用が(意外に)簡単

 方法1:マーカー用の間引いたデータ系列を作成する

 方法2:グラフのマーカーを間引くマクロを使う

解決策の詳細:

方法1:マーカー用の間引いたデータ系列を作成する

以下のサイトを参照する.
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/618383.html
Excelの折れ線グラフのマーカーを減らす方法
No.3 回答者:comv

方法2:グラフのマーカーを間引くマクロを使う

以下のサイトにあるマクロが便利.作成者のうずまき氏に多謝.

http://degitalmobile.seesaa.net/article/34351107.html

[VBA] グラフのマーカーを間引く

このマクロは,シート内のグラフ全部のマーカーを間引く.
間引き間隔は,指定可能.

備考:

1)マクロを作成する方法:
 [ツール]-[マクロ]-Visual Basic Editorをクリック
 名称を入れ,作成をクリック
 上記マクロをコマンドシートにコピー&貼り付け
 Excelファイルに上書き保存
 [ツール]-[マクロ]-[マクロ]から実行
 ステップ数を聞かれるので,入力

2)重複実行:マクロ実行ごとに,間引かれる

3)系列のマーカーを設定しなおすと,元に(間引き前に)戻る

4)元に戻るために,オリジナルのシートをコピー保存しておくと良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Excel] エクセルの表から、重複を省いて、上に詰める(関数利用)

例:以下のようなA列のデータから,重複を省いて,D列のようにしたい

A列  B列   C列   D列
------------------------
in   初出# #  out    ←1行目(タイトル)
100   1  1  100
  90    2  2   90
  90      3     50
  50      3    4     10
  50       
  10      4   
  50
  10
--------------

方法:

1)B列に,初出なら順番を,重複なら空白を入れる

  B2 =IF(COUNTIF($A$2:A2,A2)=1,MAX($B$1:B1)+1,"")

2)C列に,1,2,3・・・と順位を入れる

3)D列に,詰めたデータを入れる

  D2 =OFFSET($A$1,MATCH(C2,$B$2:$B$10,0),0)

備考:
1)COUNTIF関数は,[検索範囲]において[検索条件]に一致するセルの数をカウントする.書式は,COUNTIF(検索範囲,検索条件)

2)OFFSET関数は,基準のセルから指定行数・列数分シフトさせた位置にあるセル参照を返す.書式は,OFFSET(基準,行数,列数,高さ,幅)

3)MATCH関数は,特定の値を検索し,検査範囲内での相対的な位置を返す.書式は,MATCH(検査値,検査範囲,照合の型)

------------------------------------------------------------
注:関数を使用せず,以下のオートフィルタ機能による方法もある.

1)「データ」→「フィルタ」→「フィルタオプションの設定」

2)「フィルタオプションの設定」ダイアログボックスで、次のように設定する
   抽出先 → 選択範囲内
   リスト範囲 → 重複を省きたいデータが入力されている範囲
   重複するレコードは無視する → チェックを入れる

3)OKボタンをクリック

注:重複行が非表示になる.これをコピー&ペーストすれば良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Excel] エクセルの表から、空白行を除いて、上に詰めた表を作る方法(関数利用)

例:以下のようなA列の降順データ(重複なし)の空白を上に詰めて,B列のようにしたい

A列  B列   C列
-----------------
100  100  1
      90  2
90    50  3
     40  4
50   10  5
40

10
--------------

方法:LARGE関数を使用する
 C列に,1,2,3・・・と順位を入れる
 B1 = LARGE($A$1:$A$8,C1)

備考:LARGE関数は,大きいほうからの順位の数値を求める.
    書式は,LARGE(範囲,順位)
    順位付けは,同じ値がある時,同じ順位を振る.1位が3つあると,1位,1位,1位,4位,5位……となる.   

注1:重複が存在する場合は,予め除去する(方法は,別途記載)
注2:昇順の場合は,SMALL関数を使う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Firefox] plugin-container.exeを無効化する

現象:PCが重くなる;「仮想メモリが少なくなっている」との警告が出る

解析:タスクマネージャで見ると,「plugin-container.exe」が動いている

参考:plugin-container.exeとは---Ver3.6.4から導入されたもの;Flashなどプラグインを、別プロセスで扱い、本体のクラッシュを防ぐ.

対策:以下の手順で,plugin-container.exeを無効化する(Firefox 4.0.1)

1)ロケーションバーに[about:config]と入力

2)[細心の注意を払って使用する]をクリック

3)[フィルタ]欄に[dom.ipc]と入力する

4)表示された4つの[dom.ipc・・・・・]のうち、先頭の[dom.ipc.plugins.enabled]をダブルクリックし、[値]を[false]に変更

  注:[dom.ipc.plugins.java.enabled]は,既に [false]になっていた

参考サイト:http://mozilla-remix.seesaa.net/article/160768434.html
Firefoxの[plugin-container.exe]を無効にする方法(ただし,旧情報)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Excel] 得点に応じてABCランクを付ける方法

目的:セルの値によって,クラス分け(カテゴリー分類)したい

方法:VLOOKUP(or HLOOKUP)関数を使う

例:得点が49点以下はC,50-79点はB,80-100点はAとランク付けしたい

1)得点とクラスの対応表を作成(左端列データは、昇順のこと

  A列  B列
--------------------
   0  C
  50  B
  80  A
-------------------

2)ランク = VLOOKUP(得点セル,$A$1,$B$3,2)

注1:対応表が横配列なら、HLOOKUP関数を使う

注2:VLOOKUP関数の書式

 VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索の型)

  ①検索値:配列の左端の列で検索する値
  ②範囲:2列以上のデータ列で、範囲の左端の列の値が、検索値で検索される値
  ③列番号:範囲内で目的のデータが入力されている列を、左端からの列数で指定
  ④検索の型:

     [TRUE or 省略] 完全一致 or 近似値。
             近似値の場合は、検索値未満の最大値
            
(範囲の左端列データは、昇順のこと)

     [FALSE] 完全一致

注3:関数値は、ランクのような文字列に限らず、数値でも良い

注4:if関数をネストする方法もあるが、こちらがスマート

参考サイト:http://office.microsoft.com/ja-jp/excel-help/HP005209335.aspx

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IP電話や携帯電話から国際電話する方法と料金

IP電話の場合:
 010-国番号-相手先国内番号

 

料金:@niftyフォン-Cの場合

  アメリカ合衆国     9円/分
  欧州(英仏独など)20円/分

携帯電話の場合:

 NTTドコモ、ソフトバンクモバイルなど
  010-国番号-相手先国内番号

 au
  001-010-国番号-相手先国内番号

 

料金:NTTドコモの場合

  欧州(英仏独など) 平日昼間 108円/30s; 夜間,週末 78円/30s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »