« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

[Excel-VBA] エクセルでマクロを実行するとコンパイルエラー発生

現象:ソルバー(Solver)を使用するマクロを実行すると,以下の表示が出る.

   

『コンパイル エラー:サブルーチンまたは関数が定義されていません』

原因:ソルバー・アドインへの参照ができていない.

対策:[参照設定]

(1)VBA のエディタを開く
(2)メニュー[ツール]-[参照設定]をクリック
(3)"SOLVER.xls" を指定する

備考:既に参照設定済みのマクロで,この現象が発生.参照設定画面では,「参照不可:SOLVER.xls」と表示された.他の正常動作するマクロを実行したら,ひとりでに解決.

MSサポートサイト:http://support.microsoft.com/kb/213689/ja
                          コンパイル エラーが発生する、ソルバー アドインを使用する記録されたマクロが実行(Compile error occurs running a recorded macro that uses the Solver add-in)
(注:機械翻訳のため,和文は分かりにくい.英文の方が分かりやすい)

参考記事:http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/excel-vb-ccb2.html
               [Excel] ソルバーを使用して VBマクロを作成する方法

| | | コメント (0) | トラックバック (2)

[Excel] 「ウィンドウ枠の固定」使用時の印刷方法

目的:シートの上部にウィンドウ枠固定したタイトル行があり、、下に長いデータがある。タイトル行と最後のデータだけ、印刷したい

   (注)ウィンドウ枠を固定しても、印刷には反映されない

方法1:タイトル印刷機能を利用

    ファイル→ページ設定→シート→「印刷タイトル」に印刷したい行を設定

方法2:中間のデータ部を「非表示」にして印刷

備考:方法1によって、印刷の各頁にタイトルを付けることも可能。

| | | コメント (0) | トラックバック (1)

[Excel] 行列演算のポイント

行列演算

  • 和: 和を入れる範囲を指定して、行列1の範囲を選択し、+を入力し、行列2の範囲を選択し、Ctrl+Shift+Enter
  • 積:  = MMULT(行列1, 行列2)   例:=MMULT(A2:B3,A5:B6) 
  • 逆行列:  = MINVERSE(行列)
  • 行列式: = MDETARM(行列)
  • 転置:  = TRANSPOSE(行列)

関数入力

  計算式を入力後、Ctrl+Shift+Enter(3個のキーを同時に押す)

行列演算関数の別の入力方法

  関数選択メニューから、関数を選択し、配列範囲を指定し、Ctrl+Shift+Enter

数式の編集方法

  • 現象:入力済みの数式を修正しようとすると、「配列の一部を変更できません」のエラーが出る。
  • 原因:配列を出力する関数では、全てのセルに同じ数式が書かれているため、一つのセルだけを修正してはいけない」というルールのため
  • 正しい編集方法:同じ配列に入っている領域すべてを選択して、数式を直して、Shift+Ctrl+Enter

【参考】
http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/excel-43df.html
[Excel] 連立一次方程式を解く方法

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

フォルダ内のファイル名をテキストとして取得する方法

目的:ファイルのリストの作成

方法:web検索によれば、以下の方法がある。

1)「ファイル名取得」ソフトを使用(フリーソフトもある)

2)Excelのマクロ使用

3)コマンド・プロンプトから、dirコマンド使用(下記関連記事)

お薦め:最終的にExcelで編集・ソートしたいので、Excelのマクロを使用した。

以下のサイト参照:
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060120/227645/

「第6回 指定フォルダ内のファイル名一覧をExcelに書き出す」

----------------

[関連記事]

[Windows] フォルダやフロッピーの中のファイル名一覧を印刷する

http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/windows-17f5.html

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[Word] 変更履歴を削除し、最終版のみ保存する

目的:変更履歴が含まれているdocファイルから、履歴を完全に削除したい

手順:

(1) ツール→変更履歴の作成→変更箇所の表示
(2) ここの、「記録する」「表示する」「印刷する」の全てのチェックを外す

その後、

(3) ツール→変更履歴の作成→変更箇所の確認から、「すべて反映する」をクリック
(4) 上書き保存する

-------------------------------------------------------

■[2011/9/12追記] word2003の場合

1)[変更履歴]ツールバーの[変更の承諾] の横にある下向き矢印▼をクリック
  →[ドキュメント内のすべての変更を反映] をクリック

2)[変更履歴]ツールバーの[変更の履歴]ボタンをクリック→変更履歴の保存をオフ

------------------------------------------------------

■追記(2011/11/24)

Word2003にて、上記操作(1)の「変更履歴の作成」がない場合あり。

この場合は、以下の手順:

(1)任意のツールバーをマウスの右ボタンでクリックし、ショートカットメニュー 「チェック/コメント」 をクリック

  →これで、ツールバーが開く

(2)「変更の反映」の下向き矢印から、「すべての変更を反映」をクリック

(3) 上書き保存する

------------------------------------------------------

■追記(2012/6/27): word2010の場合 (修正(2014/11))

1)[校閲]→[変更個所]→[承諾] →[ドキュメント内のすべての変更を反映] をクリック

2)[変更履歴の記録]→[変更履歴の記録]ボタンをクリック→変更履歴の記録をオフ

---------------------------------------------------

■追記(2014/4/20):[Word2010] コメントを削除する
http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/word2010-ff66.html

Word

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[html] ホームページ作成時に、ドイツ語特殊文字を含むURLにリンクする方法

現象:

  • アドレスに特殊文字(ウムラウト)を含むドイツのサイトにリンクしたいが、文字化けしてしまう。
  • OSはWindows;エディターはFrontPageExpress。
  • 文字コードは、日本語ベース(shift-jisコード)で作成している。
  • URLをコピーして、HTMLエディターに貼り付けた時点で、変化している(模様)。

解決策:以下のコード変換表を用いて、ソースレベルで書き換える

HTMLで用いる場合のドイツ語の特殊文字コード表
-------------------------------------------
変換前  変換後
-------------------------------------------
 ä    ä
 Ä    Ä   
 ü    ü
 Ü    Ü   
 ö    ö
 Ö    Ö   
 ß    ß

------2018/12/23 追記----------------------

 á    á

 Á    Á

-------------------------------------------

備考:acuteは、アキュート・アクセント(´)を意味する

参考記事:
以下は直接関係がない。

[Firefox] 日本語を含むURL(ウィキペディアなど)にリンクできない問題の解決法
http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/firefox_url_7fdb.html

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »