« [Excel] 正規乱数発生方法 | トップページ | [html] 自動的に切り替わる表紙ページの作成法 »

[Excel] 1次元、2次元データを任意間隔で間引く方法

特徴:特殊なツールを使用せず、汎用的で、2次元データにも使用可能

ポイント:offset関数を利用

1次元データの場合:

・データがA列に入っているとする
・B列に間引く間隔データを入れる(例:0,4,8,12,...)
・C1=OFFSET($A$1,B1,0) を入れて、C列にコピーする

2次元データの場合:

・データがDataシートのA1以下に入っているとする
・第2シートA列($A2~)と1行(B$1~)に間引く間隔データを入れる(例:0,4,8,12,...)
・B2=OFFSET(Data!$A$1,$A2,B$1) を入れて、全体にコピーする

参考:offset関数
   =OFFSET(基準セル,オフセット行数,オフセット列数)

---------------------

[追記](2016/8/12)

1次元データの場合、最も単純な方法は、「データの並び替え」を利用する方法で、下記の手順。

1)作業列を作成

2)MOD関数を使用して、セルに1~m の整数を繰り返し入れる

3)作業列を含み、データ範囲を選択

4)[データ]→[並び替え]

5)[最優先されるキー]:作業列

6)[並べ替えのキー]:値

7)「順序」:昇順

8)作業列が1の行が上に集められる

|

« [Excel] 正規乱数発生方法 | トップページ | [html] 自動的に切り替わる表紙ページの作成法 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Excel] 1次元、2次元データを任意間隔で間引く方法:

« [Excel] 正規乱数発生方法 | トップページ | [html] 自動的に切り替わる表紙ページの作成法 »