« オペラ「ドン・ジョヴァンニ」のお薦め動画 | トップページ | [SoundEngine] waveファイルを開くことができない »

[word] 段落番号設定不能 --- レベル2以下が設定できない

注:以前の記事 『[word] 箇条書きの番号の振り直しができない』でも解決不能な問題で苦労しました。

現象:
1)word2000において、「箇条書き」と「見出し」スタイルを使用して

  1. ----
  1.1 ----
  1.2 ----

  2. ----

 と書きたいのだが、

  1. ----
  1. ----
  1. ----

 となったり、
  2. ----
  1. ----
  1. ----
 となって、どうしても直らない。

2)アウトライン番号の書式設定画面で、「前の文字のレベル番号」が入らない

原因:「アウトライン」設定と「スタイル」設定の関連付けの混乱(理解不足?)らしい。

対策:最初から、以下の手順で設定しなおし、単純化する。

1)「箇条書き(アウトライン)」設定をクリアし、「スタイル」設定を「標準」にする。

2)レベル1の個所のスタイルを「見出し1」にする。
  →1. となる筈。

3)レベル2の個所のスタイルを「見出し2」にする。
  →1.1 となる筈。

4)上記2)3)を他の個所に適用するのだが、スタイルから設定するより、「書式コピー」の方が簡単。よって、先に、以下の5)~6)を先に実施してから、コピーする。

5)アウトライン番号の書式設定:
  ・「連番の書式」の数字が灰色なら、正常(自動的に連番になる)
  ・「番号の種類」は、レベル1,2とも、1,2,3---
  ・レベル2を選択した場合は、「前の文字のレベル番号」が「レベル1」
  ・オプションで、「レベルと対応付ける見出しスタイル」を、レベルに合わせて、「見出し1」「見出し2」にする。【重要!】
  ・「連番を付けるレベルを指定」は、空白。
  ・文字書式から、段落番号のフォントや行間を設定。

6)スタイルの設定:
  ・当該行を選択し、「文字・段落スタイル設定」画面から、見出し1、見出し2を開く。
  ・変更をクリックして、書式設定から、フォントや行間を設定。

備考:
1)正常設定したら、「前の文字のレベル番号」は正しく入る。
2)段落番号が途中から始まる場合は、アウトライン番号の書式設定で、「開始番号」を設定。
3)見出しスタイルを、新規スタイルとして登録できる。
4)一個所の変更が、他の設定に影響し、非常に使いにくい。word2003では解決?

-------------------------------------------------------------

追記(2010/5/18):レベル2を選択した時に「前の文字のレベル番号」が「レベル1」にならない(レベル1の番号を引き継がなく、1になる)場合が問題で、なかなか解決しない。

【ポイント】

1)アウトライン番号の書式設定画面で、左上のレベル番号を1,2,3と変えながら、「レベルと対応づける見出しスタイル」にスタイル名(見出し1,2,3など)を割り当てる。この結果、アウトラインの一連のスタイルが設定されたことになる。

2)次に、箇条書きの行にカーソルを置き、左上のスタイル設定窓で、レベルを選択する。

3)あとは、「書式コピー」で、箇条書きを設定する。

|

« オペラ「ドン・ジョヴァンニ」のお薦め動画 | トップページ | [SoundEngine] waveファイルを開くことができない »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [word] 段落番号設定不能 --- レベル2以下が設定できない:

« オペラ「ドン・ジョヴァンニ」のお薦め動画 | トップページ | [SoundEngine] waveファイルを開くことができない »