« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

MP4からMP4へ動画の解像度だけを変換する方法

目的:YouTubeの動画をWALKMANやiPodなどに入れるため

背景:MP4で保存したYouTubeの動画をWALKMANに入れるには、解像度をQVGA(320x240)に合わせる要あり

方法:フリーソフト「携帯動画変換君」で、機種別設定:MP4ファイル、PSP向け設定の中の"QVGA(29.97fps/768kbps,ステレオ/128kbps)"を選択 

参考:
1)YouTubeの動画をFLVで保存した場合も同じ。

2)Craving ExplorerでYouTubeから直接変換する方法は、保存後の変換が非常に遅い。

3)YouTubeの動画の解像度は、FLV:320x240、HQ18:480x360、HQ22:1280x720 (960x720も有り)とあるが、HQ18でも320x240のものが多い(特に、海外のもの)。

4)MP4動画の解像度を識別する方法:QuickTimeで開けて、ウインドウ/ムービーインスペクタを開く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Excel] 連立一次方程式を解く方法

基本:逆行列関数(MINVERSE)と、2つの行列の積を求める関数(MMULT)を利用する。

手順:

1)係数行列Aを入力

2)逆行列( A-1 ) の計算

 (第1法)
  ・逆行列の先頭セル =MINVERSE(Aの範囲)と入力してOKボタン
  ・これを行列分ドラッグし、数式バーをクリックし、CTRL+SHIFT+ENTERキー

 (第2法)
  ・予め、逆行列領域を選択してから、=MINVERSE(Aの範囲)と入力し、CTRL+SHIFT+ENTERキー

3)x = A-1 × bの計算
  ・解の先頭セル =MMULT(逆行列範囲, bの範囲)
  ・CTRL+SHIFT+ENTERキーで展開

[09/08/06改訂追記]

・CTRL+SHIFT+ENTERの前に、数式バーをクリックするのがポイント

・矩形にドラグして展開する場合、縦展開、横展開の2回実施

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ppt] ハイパーリンクの色を変える方法

pptのversionにより、

書式→スライドの配色→ユーザー設定→強調とハイパーリンク

or

書式→スライドのデザイン→配色→配色の編集→ユーザー設定→強調とハイパーリンク

「色の変更」をクリックし、色を選択して、「適用」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Excel] セルの左上隅のマークは?

原因:エラーチェックの結果、エラーと判断された場合に出る
   周囲の式と異なる式が入力されている場合にもマークが付く

対策:カーソルを合わせ、<!>マークをクリック→理由が表示される
   「無視」を選択すると消える

備考:機能をオフにする方法は、ツール → オプション → エラーチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ATOK] カナ(KANA)キーのロック解除方法

・Ctrl+Shift+「カタカナひらがなローマ字」キー

参考:キーボードのタイプに依存するようだ。
・Alt+「カタカナひらがなローマ字」
の場合もあるとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[SoundEngine] waveファイルを開くことができない

現象:かなり古いポータブル・ディジタル・プレイヤーで録音したwaveをSoundEngineで開こうとすると、「ファイルを開くことができません。壊れているか対応していない可能性があります」と表示される。

原因:waveファイルのフォーマットが4ビットのため。

解決策:以下のように、「サウンドレコーダー」でフォーマットを変更する。

1)サウンドレコーダーでファイルを読み込む。
2)「ファイル」→「プロパティ」を選択。
3)「形式の変換」→「変換」から以下のように変更。
   形式:PCM
   属性:8kHz、8ビット、モノラル 7KB/秒

4)ファイルから、「名前を付けて保存」で別名保存。

備考:
1)waveファイルの右クリックから、ファイルのプロパティの概要を見ると、以下のようになっていた。
  ビットレート:32kbps
  サンプルサイズ:4ビット
  チャネル:1
  オーディオサンプルレート 8KHz
  オーディオ形式:IMA ADPCM

2)SoundEngineの対応可能waveファイルは、
  PCM, 8/16/24bit, ~96kHz, 1(モノラル)/2(ステレオ)ch

3)よって、サンプルサイズ:4ビットは対応しない。

4)そこで、waveファイルを、4から8ビットに変換する。ファイルサイズは、ほぼ2倍になる。

【追記(2010/3/31)】

1)上記の方法で、音質が劣化する現象あり

2)フリーソフト BatchWOO!で、mp3に変換すると、音質劣化はなし

  なお、同ソフトで、他の形式のwavには変換できず

-------------------------------------------------

【追記(2019/3/7)】

Windows Vista以降のサウンドレコーダは、録音専用になり、編集機能がなくなりました。
そのため、上記の変換はできません。
次善の策は、以下のオンライン変換です。
http://www.online-convert.com/

-------------------------------------------------

 

【追記(2019/3/13)】

WAVファイルの4bitを8bitに変換する方法
http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/wav4bit8bit-74a.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[word] 段落番号設定不能 --- レベル2以下が設定できない

注:以前の記事 『[word] 箇条書きの番号の振り直しができない』でも解決不能な問題で苦労しました。

現象:
1)word2000において、「箇条書き」と「見出し」スタイルを使用して

  1. ----
  1.1 ----
  1.2 ----

  2. ----

 と書きたいのだが、

  1. ----
  1. ----
  1. ----

 となったり、
  2. ----
  1. ----
  1. ----
 となって、どうしても直らない。

2)アウトライン番号の書式設定画面で、「前の文字のレベル番号」が入らない

原因:「アウトライン」設定と「スタイル」設定の関連付けの混乱(理解不足?)らしい。

対策:最初から、以下の手順で設定しなおし、単純化する。

1)「箇条書き(アウトライン)」設定をクリアし、「スタイル」設定を「標準」にする。

2)レベル1の個所のスタイルを「見出し1」にする。
  →1. となる筈。

3)レベル2の個所のスタイルを「見出し2」にする。
  →1.1 となる筈。

4)上記2)3)を他の個所に適用するのだが、スタイルから設定するより、「書式コピー」の方が簡単。よって、先に、以下の5)~6)を先に実施してから、コピーする。

5)アウトライン番号の書式設定:
  ・「連番の書式」の数字が灰色なら、正常(自動的に連番になる)
  ・「番号の種類」は、レベル1,2とも、1,2,3---
  ・レベル2を選択した場合は、「前の文字のレベル番号」が「レベル1」
  ・オプションで、「レベルと対応付ける見出しスタイル」を、レベルに合わせて、「見出し1」「見出し2」にする。【重要!】
  ・「連番を付けるレベルを指定」は、空白。
  ・文字書式から、段落番号のフォントや行間を設定。

6)スタイルの設定:
  ・当該行を選択し、「文字・段落スタイル設定」画面から、見出し1、見出し2を開く。
  ・変更をクリックして、書式設定から、フォントや行間を設定。

備考:
1)正常設定したら、「前の文字のレベル番号」は正しく入る。
2)段落番号が途中から始まる場合は、アウトライン番号の書式設定で、「開始番号」を設定。
3)見出しスタイルを、新規スタイルとして登録できる。
4)一個所の変更が、他の設定に影響し、非常に使いにくい。word2003では解決?

-------------------------------------------------------------

追記(2010/5/18):レベル2を選択した時に「前の文字のレベル番号」が「レベル1」にならない(レベル1の番号を引き継がなく、1になる)場合が問題で、なかなか解決しない。

【ポイント】

1)アウトライン番号の書式設定画面で、左上のレベル番号を1,2,3と変えながら、「レベルと対応づける見出しスタイル」にスタイル名(見出し1,2,3など)を割り当てる。この結果、アウトラインの一連のスタイルが設定されたことになる。

2)次に、箇条書きの行にカーソルを置き、左上のスタイル設定窓で、レベルを選択する。

3)あとは、「書式コピー」で、箇条書きを設定する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オペラ「ドン・ジョヴァンニ」のお薦め動画

メトロポリタン・オペラ、Don Giovanni (April 5, 1990) の動画

下記に再生リストあり。19シーンが見られる。

http://tr.youtube.com/view_play_list?p=7F0AA344D872F329

なお、Met Playerサービスで、全幕鑑賞できる。英訳字幕付き。

実に正統的な演出で、歌手も美男美女。

    Giovanni -----Samuel Ramey
    Anna ---------Carol Vaness
    Elvira -------Karita Mattila
    Ottavio ------Jerry Hadley
    Leporello ----Ferruccio Furlanetto
    Zerlina ------Dawn Upshaw
    Masetto ------Philip Cokorinos
    Commendatore -Kurt Moll

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »