« [word]見えないテキストボックスを見つける方法 | トップページ | [Office 2000] 画像の大きさを自動調整して、表に挿入する方法 »

[word] フィールドコードと操作法

図表番号や参照文献の自動更新に使用されているコードです。
最低限知っておくべきことは・・・

■フィールドコードとは?
 可変データが自動挿入・計算されるコマンド。
 ページ番号、日付、図表番号、数式、クロスリファレンス、索引や目次などが該当。

■フィールドコードの表示オンオフ切り換え法

 全体は、[Alt+F9]キー
 個別は、[Shift+F9]キー

 または、 [ツール]  [オプション] [表示] [フィールド コード]

■表示コード:中かっこ ({ }) で囲まれて表示される

 コード例:
  図表番号 Fig. 1→Fig.{SEQ Fig.\*ARABIC}
  文献参照 1)→{REF_Ref226984973\n}
  数式 →{EMBEDED Equation3 }

■フィールド更新:選択して、F9キー or 右クリックで[フィールド更新]

■フィールドのリンクの解除:現在のフィールドの内容が文字列になる

 [Ctrl+Shift+F9]キー

 個別でも全体でも、選択されたフィールドが解除される

 一旦解除された文字列は、コードに戻らない(新規作成要)
 →解除は慎重に!

【追記】

参考サイト:http://ikutawasabi.hp.infoseek.co.jp/f1-1.htm
「山葵のアプリのサプリ」の中にある『Word ワードの理解シリーズ{フィールドについて}』

|

« [word]見えないテキストボックスを見つける方法 | トップページ | [Office 2000] 画像の大きさを自動調整して、表に挿入する方法 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [word] フィールドコードと操作法:

« [word]見えないテキストボックスを見つける方法 | トップページ | [Office 2000] 画像の大きさを自動調整して、表に挿入する方法 »