« [Word] 図と図表番号のグループ化 | トップページ | [Internet Explorer] アドレス バーを表示する方法 »

[Word] 数式エディタ使用法

Ⅰ.インストール

  1)[挿入]-[オブジェクト]で,「Microsoft 数式 3.0」が見つからない場合は,
    インストール要
  2)Office のセットアップで「カスタム」 を指定してインストール

Ⅱ.使用法極意

  1) [挿入]-[オブジェクト]-「Microsoft 数式 3.0」で起動するのは効率が悪い

  2)数式エディタを直接起動して,別窓で数式を作成し,Wordに貼り付ける
    なお,数式エディタは,通常,下記にインストールされている.
    C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Equation

  3)作成した数式は、Wordに貼り付けて保存し、再活用する

Ⅲ.入力法極意

  1)文字フォントとサイズは、スタイルとサイズで設定

  2)ショートカットキーを活用する
    ●一般
       コピー Ctrl+C
      切り取り Ctrl+X
      貼付け(ペースト)  Ctrl+V

    ●書式(文字選択後)
      Shift+Ctrl+I→斜め文字
      Shift+Ctrl+N→標準に戻す
      Shift+Ctrl+B→太字
      Shift+Ctrl+G→ギリシャ

    ●書式(文字入力前;1文字のみ適用)
      Ctrl+B →太字
      Ctrl+G →ギリシャ

    ●入力
      Ctrl+Space  →スペース挿入

    ●移動:Shift で選択した部分が上下左右に動く
      Ctrl+矢印キー    

    ●その他

     ・削除・訂正は、Delete or BSキー
     ・テンプレートから抜けるには、上or右の矢印キー
     ・スロット間の移動は、Tabキー or 矢印キー

Ⅳ.入力法メモ

  1)ツールバー1行目は「記号」
    ツールバー2行目は「テンプレート」

  2)修飾記号(ハットなど)付き変数
    ・文字入力
    ・ツールバー1行目の修飾記号からハットをクリック

  3)上付き(下付き)変数
    ・ツールバー2行目から上付き(下付き)テンプレート選択
    ・スロットに文字列や記号を入力

  4)終わり方
    ・入力エリアの外をクリック

【2011/10/10 追記】 便利なショートカットキー

  文字を普通に入力後,文字選択して

  •  下付き文字: Ctrl + L
  •  上付き文字: Ctrl + H
  •  上下付き文字: 文字入力後,Ctrl + J と打つと,枠が出るので,上下文字入力


    【2013/10/7 追記】
    Word 2010 には、数式の入力機能と編集機能が組み込まれていて,以前の「数式 3.0」のような数式エディターは不要。半時間程度で修得でき,操作性は良い。

|

« [Word] 図と図表番号のグループ化 | トップページ | [Internet Explorer] アドレス バーを表示する方法 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Word] 数式エディタ使用法:

« [Word] 図と図表番号のグループ化 | トップページ | [Internet Explorer] アドレス バーを表示する方法 »