« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

[ Excel ] 折れ線グラフで、無効値をプロットさせない方法

無効値セルには NA() を入れる [#N/Aでも同じ] 

例:B1=IF(A1<0,NA(),A1) [負の値は無効値とする]

参考:空白セルをプロットさせない方法は、別途掲載

   IF(A1<0,"",A1) とすると、見た目は空白セルになるが、実は「何もない」を表示していて、空白セルではない。
   このためオプションの「空白セルのプロット」設定か効かない。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[ Excel ] 折れ線グラフで、空白セルをプロットさせない方法

エクセルで折れ線グラフを作成した時、空白セルが0と見なされてプロットされた。

空白セルを含む折れ線グラフを作る 場合、以下の方法で空白セルの扱いを選択可能。

1)グラフをクリックして選択状態にする
2)「ツール」→「オプション」→「グラフ」をクリック
3)「空白セルのプロット」として「プロットしない」「値0でプロットする」「補完してプロットする」の3通りを選択可能

参考:これが効かない場合は、「無効値をプロットさせない方法」(別途掲載)を参照

----------------------

追記(2014/1/20):Excel2010の場合は

1)グラフをクリックして選択状態にする
2)「デザイン」→「データ」→「データの選択」
3)「データソースの選択」の左下の「非表示および空白のセル」をクリック
4)「空白セルの表示方法」として「空白」「ゼロ」「データ要素を線で結ぶ」の3通りを選択可能

| | | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »