« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

[nifty]メールが届かない

自分宛のメールが届かない現象あり。

・ニフマネから送信すると届かず

・webmailから送信すると届く

原因:スパムメールblock機能のため。

送信者(from)設定の違いで差が出た。

スパムメールblockを全削除したら、解決

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[EXCEL]セルの内容を最下行までコピー

セルの内容を最下行までコピーするには、

・セル選択
・右下の+をダブルクリック

注)2セルを選択すると、連続数値になる

注)隣の列の最下行まで入る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Excel] 連続番号(連番)の自動入力

【行方向】2つの行のセルに連番を入れてから、選択して、
      右下の 「フィルハンドル」 ( 「+」 のマーク) をWクリック

      予め、両隣のどちらかの列に、連続したデータが必要

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テンキーから入力する数字をすべて半角に

1) ATOK パレットの [メニュー]の環境設定 を選択

2) 入力・変換 2 シート を選択

3) テンキー半角入力 を選択

【追記】ATOK2011では、「入力補助」の中に「テンキーからの入力を必ず半角にする」がある。(2011/11/04)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Excel] セルの色分け

エクセルの条件付書式で、セルのデータによって最高4色まで色分けできる

1)色分けしたいセル領域を選択

2)メニューバーから、書式/条件付き書式 を選択

3)条件を入れて、書式/パターンで色を設定

4)「追加」で次の書式設定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

画像の大きさ(サイズ)の表示

explorerで、表示/詳細表示の設定で、「大きさ」にチェックを入れる

全フォルダ表示に反映させるには、
ツール/フォルダオプション/表示で、「すべてのフォルダに適用」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

画像のRGB値を知りたい

PaintShop:「色の選択」で、マウスの位置のRGB値が表示される

 注:座標値は左下に表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Word] 参考文献一覧の作成・参照

行頭に[1]~[n]と番号が振られた参考文献一覧を作成する場合、

作成 :「書式‐箇条書きと段落番号」/「段落番号」より[1]・・・を選択

参照 :「挿入‐相互参照」/「番号付きの項目」と「段落番号(内容を含まない)」を選択し、「参照先」から[n]を選択

-------------------

[Word] 参考文献の参照を自動反映させるには・・・

ブックマークと相互参照を使う

1)ブックマークの設定: 文献を反転させ,[挿入]-[ブックマーク]でブックマークを設定
  ブックマーク表示( [ツール]-[オプション]で[表示]の[ブックマーク]をチェック)で確認

2)相互参照の設定: 本文で、[挿入]-[参照]-[相互参照]を選び、[参照する項目]で[ブックマーク]を選択

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[Word]目次を表示する

目次を挿入する位置をクリックし、[挿入] / [参照] /[索引と目次] /[目次]

予め、アウトライン レベルか、見出しスタイルを設定しておく

----------------------------------------------------------------
アウトライン レベル : 段落に設定された階層レベル ([レベル 1] ~ [レベル 9]) の段落書式

見出しスタイル : [見出し 1] ~ [見出し 9] の 組み込みスタイル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Word】図表番号の自動更新

■図表番号を挿入する方法: メニューから[挿入]-[参照]-[図表番号]を選ぶ

■本文に図表番号を挿入する方法: メニューから[挿入]-[参照]-[相互参照]を選ぶ

■参照先を更新する方法: 参照先を含む部分を選択し、右クリックで[フィールド更新]

■全体を更新する方法: 全体を選択(Ctrl+A)し、 [フィールド更新]  or 「F9」

■図表番号のラベルを新規作成する方法: メニューから[挿入]-[参照]-[図表番号]を選び、[ラベル名]に入力

http://eipweb.econ.kanagawa-u.ac.jp/eip/step9.html

http://www-ui.is.s.u-tokyo.ac.jp/~kobayash/misc/writing_with_win

| | コメント (1) | トラックバック (0)

小田実 「何でも見てやろう」

小田実 「何でも見てやろう」 (講談社文庫 お 3-5)
価格:      ¥ 730 (税込) 

若さと知性と勇気にみちた体当り世界紀行。留学生時代の著者が、笑顔とバイタリティーで欧米・アジア22ヶ国を貧乏旅行して、先進国の病根から後進国の凄惨な貧困まで、ハラにこたえた現実を、見たまま感じたままに書いたベスト&ロングセラーの快著。

-------------------------
ja.wikipedia.org/wiki/小田実

小田実(おだ まこと、1932年6月2日 - 2007年7月30日)は日本の作家、平和活動家。元・代々木ゼミナール英語科講師。ベ平連創設者。九条の会の呼びかけ人の一人。妻は在日朝鮮人(朝鮮籍)の画家・玄順恵(ヒョン・スンヒェ)。2007年7月30日、胃がんのため東京都内の病院で死去。享年75。

1968年の『何でも見てやろう』は、当時大ベストセラーとなった。

------------------------
http://www.odamakoto.com/jp/

作家 小田実のホームページ

最終更新日:2007/6/10

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »