« 先頭の文字が自動的に大文字になるのを止める | トップページ | サージェント作「マダムⅩ」 »

楽劇“ワルキューレ”

クラシックロイヤルシート 「プロムス2005 楽劇“ワルキューレ”」

7/23 (月) 00:55~04:55(240分)
NHK衛星第2 (地上波) 

ロンドンで毎夏恒例となっているクラシック音楽の祭典、「プロムス」からのプログラム。
今回放送するのはプロムス初参加のプラシド・ドミンゴが出演する「ワルキューレ」である。 ワーグナーの大作、「ニーベルングの指輪」の第二作であるこの作品は、休憩を含めて5時間以上に渡り上演された。

第1幕     :     00時55分23秒 ~ 01時58分23秒
第2幕     :     02時02分53秒 ~ 03時34分43秒
第3幕     :     03時39分13秒 ~ 04時54分53秒

ジークムント     :     プラシド・ドミンゴ
ジークリンデ     :     ワルトラウト・マイア
フンディング     :     エリック・ハーフヴァーソン
ウォータン     :     ブリン・ターフェル
ブリュンヒルデ     :     リサ・ガスティーン
フリッカ     :     ロザリンド・プロウライト
管弦楽     :    コヴェントガーデン王立歌劇場管弦楽団
指 揮     :    アントニオ・パッパーノ
字幕     :    武石 みどり

[ 収録: 2005年7月18日, ロイヤル・アルバート・ホール (ロンドン) ]
------------
ja.wikipedia.org/wiki/ニーベルングの指環

    * 序夜 『ラインの黄金』(Das Rheingold):2時間40分
    * 第1夜 『ワルキューレ』(Die Walküre):3時間50分
    * 第2夜 『ジークフリート』(Siegfried):4時間
    * 第3夜 『神々の黄昏』(Götterdämmerung):4時間30分

第1夜 『ワルキューレ』(Die Walküre)

    * 第1幕 - 嵐の夜、フンディングの館にジークムントがあらわれる。彼とフンディングの妻ジークリンデはお互いに惹かれあう。やがてフンディングが帰宅し、フンディングが一族の敵であること、ジークリンデが生き別れの妹であることを知る。

    * 第2幕 - 荒涼たる岩山。ワルキューレの長姉ブリュンヒルデとヴォータンがいる。そこへ結婚を守護する女神でヴォータンの妻フリッカが現れる。フリッカは、妻を奪われたフンディングの復讐と婚姻の神聖を守るためとして、ヴォータンにジークムントの死を求め、ヴォータンはやむなく承諾する。ブリュンヒルデはヴォータンからジークムントがフンディングによって殺害されること、そしてそれを見殺しにすべきことを告げられる。ブリュンヒルデは兄妹を守ろうとするが、ジークムントはフンディングの槍に貫かれてしまう。

    * 第3幕 - ヴォータンの怒りを逃れ、ブリュンヒルデはヴァルハラに駆け込み、妹たちに助けを求める。ブリュンヒルデはジークリンデが身ごもっていることを告げ、胎内の子をジークフリートと名付ける。そこへヴォータンが現れ、ブリュンヒルデの神性を奪うことを宣告する。荒涼たる岩山にヴォータンはブリュンヒルデを連れて行き、ブリュンヒルデがそこで眠りにつき、誰であれ彼女の眠りを最初に覚ました男のものとなることを宣告する。ブリュンヒルデは己の運命におびえ、許しを請うがヴォータンは聞き入れない。ただし恐れを知らない英雄だけが超えられる炎でブリュンヒルデの周りを覆うことを約束する。親子は抱きしめあい、永遠の別れを告げる。ブリュンヒルデは岩山の頂に眠り、ローゲの炎がその周りに燃え上がる。

-----------------

ワルキューレ(ドイツ語:Walküre、「戦死者を選ぶ者」の意)は、北欧神話に登場する複数の半神。日本語では戦乙女、戦女神などともいい、一般には、鎧と羽根のついた兜で身を固め、槍(もしくは剣)と盾を持ち、翼の生えた馬(ペガサスなど)に乗る美しい戦乙女の姿で表される。

---------------

ブリュンヒルデ(英語:Brunhild 原語:Brynhidr:「ブリュンヒルド」とも。)
ヴォルスンガ・サガにおいては、オーディンの命に背いた為ヒンダルフィヨル山の火炎に包まれた盾の城に眠っていた戦天女(ヴァルキューレ:Valkyrie)の一人。

最愛の男シグルド(ジークフリート)に裏切られ、姉妹のグリムヒルデ(クリームヒルド)の陰謀でグンナルの妻となってしまう。それに気付いたブリュンヒルデは激怒して王の一族に対して罵り暴れ、グンナルを殺そうするが、ヘグニによって地下に鎖で繋がれ昏睡する。

七日後、訪ねてきたシグルドの「運命に耐えよう」というムシのいい懇願にキレたブリュンヒルデは、グンナルを逆に利用してシグルドを暗殺し、自らも胸に剣を突き立てて自害する。

復讐の女神の原型ともなる不幸な女。愛馬はヴィングスコルニル

|

« 先頭の文字が自動的に大文字になるのを止める | トップページ | サージェント作「マダムⅩ」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽劇“ワルキューレ”:

« 先頭の文字が自動的に大文字になるのを止める | トップページ | サージェント作「マダムⅩ」 »